続・タノシイコト。

SMAPファン。SMAPとSMAPとSMAPで出来ています。

ライブとSMAP

近くの書店では予約受付をしてくれなかった。
理由は「何冊入荷できるかわからないから」だった…。
たしかに慎吾のSNAPNOSHINGOも2冊しか入らなかった所だけど…。
こんなところが田舎って嫌いよ!(他は大好き)
で、結局予約しませんでした。 吾郎ちゃんも「コンビニで買えます」と言っていたし。
しかし今朝、早く出勤してコンビニに寄るもSMAPちゃんの姿はなく。
これはマズイと、他の書店に問い合わせてみると
「今日発売なのは、東京です」と何故かキッパリ言われてしまった。
更に、SMAPちゃん到着まであと3日かかるそうです…。
あぁそうかー中居370円輝いて状態なのだと知りました…。
更に更に、書店は予約販売でいっぱいらしく、3日経っても手に入れることは出来ないそうな。
ふふふ
とりあえず、いつになっても良い。という条件で予約しました。
どんだけ人気者なんだよSMAPちゃん!
   ◆
さて、昨日のライブ感想の続きです。
ネタバレお気をつけ下さい。



『No Way Out』 慎吾ソロ
振りがとてもかわいらしいのね。
まさかまさかの衣装でして…ピッチリ半ズボンに探偵帽子?とは。
ある意味期待を裏切られて、やられたーな気分。 慎吾の世界は面白い。
しかし、今回の慎吾は一番声の伸びも良く、声が出ていてとても歌上手だなぁー
アルコール控えるどころか、いたるところでぐびぐび飲みまくっていて潔いというか何というか。
愛を感じます(笑)
We are SMAP! -Bounce Lude-』
手拍子。
『愛や恋や』 吾郎サンソロ
吾郎サンはこんな感じが好きなのね。
別段変りは無く(いい意味で)、ソロは毎回同じように(いい意味で)、かわいらしいです。
吾郎サンらしくて、安心安全。
赤スーツから黒スーツに変身だったり、猫女子を引き連れていたり、ピンクのふりふりダンサーさんだったりステッキ持って踊っちゃう感じも
吾郎サンらしくて、安心安全。 大好きさー


『ひなげし』
グリーンのトレンチ衣装。
伸びやかに歌っていて耳心地良いのですー
ひなげしって何?といってしまう36歳男子をどうしてくれよう。
この子ったら本当に題名とかそんな細かいことはどうでもいいのね…南極料理人だったし。
悪意が無いのはわかるけど、ネタでもないと知ってしまった。
さてはてどうかと思うよ剛サン(汗)  「あ 花なのね!」には撃沈したけど(笑)
『Cry for the Smile』
オープンカーの謎。
すーと出てきて、SMAP腰掛け、すーといなくなるオープンカーの謎。  
最終日、中居歌詞飛ぶ。
飛んだ後の「ヤベェ」顔が…いけないことだけども…かわいいっ! 
しかし今回は皆ぽこぽこ歌詞飛んでいますねー(汗)
初日の木村ちゃんは、歌詞も吹っ飛び喉の調子も悪かった気がしたしー
慎吾も歌い出し間違えたり無言だったりー
『らいおんハート』
遠くとも、双眼鏡を覗く。 ステージ横並びは圧巻。
『短い髪』
シンツヨ仲良しを感じます。
「ツヨポンピアノやんなよー」と言ったのか。
「慎吾オレピアノ弾くわー」と言ったのか。
とにかくかわいらしいデュオでした〜 合わさる声が素敵なの。
3日目にはじめて気付く。手書きの歌詞があってちょっときゅんとした。
せっかくなのでサイドのスクリーンにも是非映して欲しいー正面から観ないと見えないなんて悲しいわー
ピアノも歌もとても上手でした。
『Magic Time』
好きー! 好きな曲なのにー この時どうなっていたか記憶が無いー(泣)
わらわらステージにいただけなのか…踊ってはいなかった気が…する…たぶん。
『オレンジ』
好きだけども、好きよー好きだけども…ちょこっとでいい…たまにでいい(爆)
『Love & Peace Inside?』
この振り簡単って言っていたのは吾郎サンだったけ?(笑)
君のままで…』木村ソロ
ここにきて木村ちゃん。
結構踊っていてビックリですよー 
きっと根性だけで踊りきっている気がするよー すごいぜ木村ちゃん。
白いタンクトップ真横から見て胸板肉厚になってた気がしましたー
あとはパンツポケットのきらっきらが眩しいです!
って、それにしてもどんだけ娘がかわいいんだろうねー お父さん(笑)


SMAPのポジティブダンス
ダンス、とは名ばかりでさほど踊らず不満です。
びっちり踊るかと勝手に思っていたのでねーこれまた残念だったの。
歌詞は全く覚えていません!「ポジティブっ!」「ネガティブっ!」「フーフー」って言えればいいかと。
『Going Over』
中居ちゃんがとてもとても上手に歌えています!
声にあっている曲なのねー 
シャネルのサングラス(初日客席に投げた気がしたけど?)もニット帽もコスプレ並の衣装お似合いっ
ここで初めて1塁側リフターに乗りますが、アタシの所からは見えず…。近寄ってもこないしね…。
今回はリフター花道トロッコともに木村ちゃん率が高くて、木村ちゃんの顔をこれでもかと眺めた!
中居ちゃんはレンズ越しでしか観てない印象大…(涙)
しかし盛り上がる。 会場全体飛び跳ねてる感じ〜
『$10』
『青いイナズマ』
この流れは鉄板ですねー 踊りまくりでハァハァ動悸息切れ(悲)
『Let It Be』
よく聞きとれず。 こうなるのかーLet It Beこんな風にねー
『We are SMAP!』
壮大なんです。
とてもとても鳥肌が立つくらいスゴイ曲です。
SMAPは今後、ずっとこの曲を歌い続けて欲しい。
最後に相応しい素敵な曲でした。


『ラッキーさん抽選』
ソフトバンクバンザイ…。
ワタシ実は、今回ラッキーさんがキターっ!と確信したんですよ3日目に。
ワタシ3日目、スタンド席の一番端のお席だったんですけど、We are SMAP曲の中盤辺りで
二人の係員さんがワタシのお席、通路前にやってきて腰をおろしたんですよ。
で、バチーっと目が合ったんです。 
ワタシは気にせずWe are SMAPを歌う〜
目の前には係員さん。
次はラッキーさんの抽選…。またもバチーッと目が合う〜
ラッキーさん…。ラッキーさん!!!
と、気付いた時点でドキドキ。
これアタシだっっ アタシのお迎えだ! 
と、確信するじゃないですか。
何度も目が合うし、ワタシを連れてくんだわー!


しかし、まったくピンスポ当たらないんですよ。
ドキドキは動悸にかわるほど緊張感高まってきてたのにー
最後の最後になってもスポットライトは当たらず。
あっさりと終わってしまったの。
結局、まったく関係なくって…。 このときのガックリときたらさ…。


で、結局この係員さんは何故来たのか。


と、言うと アンコールバクステにSMAPちゃんがやってくるので、席を離れるバッファ対策だったんですな…。
通路塞ぎにやってきただけっていう…ね。
今回ワタシの周りにはバッファのような極悪人たちはいなかったので良かったのですが。
拍子抜けしたというか。 人生そんなうまくはいかないというか。
今回ほど意識したラッキーさんはなかったなぁー(平和)
いつかSMAPちゃんと手を繋ぎたいもんだよぅー(平和)


【アンコール】
『Secret Summer』
上手だー剛も中居ちゃんもかわいいぜ!
剛中居3塁側〜木村慎吾吾郎1塁側〜トロッコ移動。
ト、トロッコ早くないですか?
やっとこちらに来てくれたぁ!と思ったらささーっと乗り動き始め、真横のお席なワタシは塀が邪魔して剛も中居も見えず…気付けば通り過ぎとりました(泣)
肉眼どころか双眼鏡でも見失う始末…。
『オリジナルスマイル』
トロッコがとにかくあっという間なんですよ。
止ったーリフター上がったーと思ったら1曲で下がったー動きはじめたー(驚)
最終日、真正面で止った木村トロッコ。
もぅもぅかっこいいのー!木村ちゃんがねぇいつものキメ顔でアタシを煽ってくるのよぅ
もぅわぁわぁ言っちゃうよね。肉眼で真正面でリフター上がった時なんか鳥肌ものよぅ
慎吾とゴロちゃん確認するの忘れちゃうくらい近かったのー!
しかし、スタンド23列目でこれだけ大興奮って、アリーナDや花道近辺になったときどうなるんだろワタシ…。


【バックステージ】
夜空ノムコウ
リフター上がりました。
中居ちゃんは1塁側端から2番目。
やはりここでもちと遠い。今回は中居運が本当にないな…。
最終日にいたっては、カメラ照明のポールで慎吾中居の姿は全く確認できず…。
そこにいるのに!ステージのスクリーンを眺めるしかない切なさ。
スーパースター★
3日目、やっとワタシのお席からSAMPちゃんを確認できたー 肉眼最高!
これってさー 振りがとってもかわいらしいから是非とも5人で踊る姿を観たかったのにー!
ほとんど踊らず。(中居サンを除いて) 観ているこちらは踊りまくりですが。
4人のメンバーはラッキーさんとともに登場。
手を繋いでいたり、ぎゅーっと抱きしめてあげたり一緒に踊ったり歌ったり代わる代わるのサービス。
木村ちゃんったら思いっきり抱きしめてたなぁー むぎゅーっといわんばかりに(笑)
お子様をお姫様抱っこしたりとかー お父さんは子ども好きだよぅ
そんな中、中居サンはひとりバクステのお客さんへお手振り開始。
ひとりひとりの顔を確認するかのごとく、うんうん頷きながら、笑顔でお手振り。
端から端までひとしきりお手振り。そしてダンサーさんと共に踊りに徹します。かわいいっ
近くに連れてこられたラッキーさんをクルクルと回りながらかわすかわす(爆笑)
曲が流れている時間はクルクル回って踊りまくり一切相手をしません!
特別扱いをすることがちょっと苦手なのかなぁー(らしいね)
ラッキーさんとは最後にちょっと会話と握手。 徹底しているのでそれはそれは素敵です(笑)
この男のファンで良かったとつくづく思います(笑)
KANSHAして
あっという間にトロッコへ乗り込み、早くも移動開始。
今度は3塁側1塁側と入れ替わり、笑顔でお手振り。しかし速度が速い(爆)
バクステといい、トロッコといい、早すぎじゃね?(不満)
『ありがとう』
福岡最終日、かろうじてSMAPちゃんを肉眼で確認出来る場所。
中居ちゃんはトロッコであっという間に目の前を通り過ぎてしまいましたが(寂)
アリーナF通路に入り込み止まったトロッコ。 遠いが見える。
笑顔でお手振り、汗を拭き拭き、真下を向いていつものように指をさしてからタオルを投げた中居ちゃん。
今回はいつもよりタオル投げの回数が多い気がする…
受け取った方までは見えませんでしたが、うぎゃーっと羨ましさのあまり悶絶しておりました。
とある掲示板で、このタオルを受け取った!というお子さん(やっぱり子どもにあげたのね)のお母さんの書き込みを読みました。
こういったものを手にした方の声をはじめてきいて、何だかじーんときて泣けました。あはは(照)
こういった中居ちゃんの優しさ、対応は、とてもとても嬉しいものですね。
受け取った方(親子とも)が、中居ちゃんファンであったということも素敵なことです。
そして、妬ましい。よりも、良かったね良かったねーというほっこりとした気持ちになりました。
本当にありがとうです。
『This is love 2回目』
慎吾がデリコさんを崇拝する気持ちもわかるけど、2度はないな…。
これはバンバカ?以来の2度作戦か。
しかし2度同じ曲を歌うのならば、他の曲をぶつ切りせずに長く歌って欲しいものです。
ワタシもこの曲好きだけど。…なんか違う。
19日・20日・21日とあっさり終わってしまったライブ。
今回はすぐに会場が明るくなりアナウンスが入り、諦めもつく。 
なんてったって4時間弱のステージ(笑)


【8月22日福岡最終日Wアンコール】
明るくなるはずの会場が暗転。
「アンコール」よりも「We are SMAP」と言っていた方多数。
始まる前にピンクビキニ姿のお姉さんが「We are SMAPと声掛けしましょうー」と叫んでいたからか。
『freebird』
覚えてるくせにー
歌詞カードをちまちま見て歌う中居ちゃん。 札幌からこのパターンらしいのできっとこの後もこれだな。
この曲好きー 本当に気持ちいいー アンコーに最高だぁー 楽しいー
グッズのTシャツを着て、地球儀きらきら。
君色思い
ナカイオンステージ!
これでもか!のカメラ目線。かわいらしさ爆発!中居ファンは悶絶ですよぅ 
これも鉄板。上手に歌ってたー照れてたー あぁありがたや。ありがたや。


最後はバラバラと裏へ消えて行きました。
中居ちゃんが早かったかな…。
最後ワタシの耳には届きませんでしたが「また来年〜」と慎吾が言ったそうです。
来年、また来年。


2年間、待ちに待ったSMAPのライブ。
3日間、本当に、本当に楽しく、幸せな時間でした。
そして自分の体力のなさを感じた3日間でした…(観ているだけなのにね)
こんなにも幸せでな時間は他にないです!


「中居腰痛」という概念が頭から消え去る事はなく、さくさく踊る姿を目にするたび
階段を上り下りする姿を目にするたび、歩くたび、
いちいち、大丈夫かな… 頑張れ、頑張れ… と呟かずにはいられませんでした。
MJダンスの時には、激しいダンスに、肩で身体で息をする姿に、手を合わせて祈ってしまったほどです。
中居サンは「腰痛」を感じさせないほど、真剣に素晴らしいステージを魅せてくれたと思っています。
座薬を入れてまでもこなすステージ。
怪我をしてしまい持病と化し、今後のライブでは必ず向き合わなければいけない身体の異常。
SMAPライブが無事に続くことを祈りつつ、歳相応のライブへと変貌を遂げる日を待ちつつ
ワタシまだチケット手に入るんじゃないかなぁーとか考えつつ、頭の中を妄想でいっぱいにしつつ
次のライブを待ちたいと思います。
ライブが始まる前も楽しいけれど、終わってからも楽しいのがSMAPライブだよね。
お金をちまちま貯めます。庶民頑張って働きます(笑)


ワタシSMAPのファンで良かったぁー!
皆さんもSMAPを堪能してくださいませ。 すっげぇかっこいいですよ! 
   ◆
そうだ。
9/15、ワタシどうやら行けないみたいです。
50人なら入れるー?と結構当たる気満々で、着て行く洋服とか、髪型とか考えていたのに
ワタシのナンバーは見当たりませんでした…。
056560おーごろごろおー!とかって一緒に言いたかったのに! 
この方絶対吾郎サンの特別待遇決定ですよね。
しかも並んだ数字表示だけ見てると、50人って結構少ない…。
本当に入れる人たちがいるのが、とても不思議だわー
どんな風だったか、この方たちの声も聞いてみたいですねぇ
追加募集とか…ないのかしら?
   ◆
ライブが無理ならいいとも!
またもハガキを書きまくります。