続・タノシイコト。

SMAPファン。SMAPとSMAPとSMAPで出来ています。

[SMAP]アリーナ席というもの。

あっという間に日々は過ぎる。
あっという間に上京の日。
スケジュールは当日朝出発して、ホテル、ライブ、ホテル泊まって
翌日千葉に住んでいるお友達と豪華ランチ、夕方帰る。 の2日間。


9月18日土曜日、東京ドーム公演4日目。
つい先週、突然譲っていただけることになった東京公演。
なんとアリーナA5!!!のお席だとおっしゃる。
終わったと思っていたワタシのSMAPライブ。
ちょうど福岡から1ヵ月、また来年…と思っていたSMAPちゃんに会えるだなんて!
しかもアリーナ!! アリーナA!!!
思い起こせば人生初のアリーナ席は、このスマ友さんに譲っていただいた初遠征の札幌初日だった。
そして今回もアリーナのお席。
チケ運 最強〜素敵すぎます〜 


ワクワクと緊張でぐらぐらと眩暈に襲われつつも、無事に東京に降り立った。
思いっきり乗り物酔いをするので、酔い止め飲みます。飲んでも真っ青なんですけどね(爆)
そうそう、田舎の子は東京に興味はないので、観光とかお買い物とか一切しません。
ただ、SMAPちゃんに会うためだけに、ボッタクリ料金の飛行機に乗り
路線が多すぎてわけわからない電車に乗り、道を尋ねながら歩いてホテルに向かいます。
それだけでグッタリ…田舎って最高よね。 都会っていうだけでなんだか疲れるわ。
スマ友さんとも4年振りの再会。
4日目(もちろん明日のオーラスも参加)のSMAPライブに疲れも見せず、
相変わらずお綺麗な方で〜 4年振りなのにまったく変わっていなかったのです。本当にべっぴんさん。
アタシは目の下に見事なクマが…あぁぁぁ。(凹)
田舎子のため、スマ友さんはホテルまでお迎え&ドームまで連れて行って下さった。
チケットを譲って下さるだけでなくお相手までも…すみません。ありがとうございます〜


そしていざ!初めての東京ドームへ!!
ライブの内容は置いといて(記憶曖昧)、とりあえずの感想を。


・こんな真中心にあるのね〜東京ドーム。
  なんとも不思議な感覚。全体像が見えないし、突然現れるし。
  福岡や札幌のモノとは違う〜 ドームの迫力があんまりないかも〜
  アニメ?コスプレしている人が沢山いた。こりゃ詳しかったらとても楽しいだろうなぁーと
  着飾った方たちを見て普通に思った。(ワタシはそちらに詳しくない)
水道橋駅、チケを求める人の多さにビックリした。
  なんとなく下を向いて歩いてしまった。 何というか、申し訳ない気になりました。
  みんな無言で紙を掲げていて。必死さが伝わって目を合わすことが出来ないよね。切迫感が…。
  やはり激戦区。しかも土曜のチケット。本当に譲ってくれたスマ友さんに感謝です〜
・アリーナ専用入り口へ。
  「専用入口」に黙々と歩いていく。これが、これが、「アリーナ」への道なのねー!
  17時過ぎに会場へ。そのためか混雑はなく、荷物チェックも淡々と。
  長机の上に荷物を置いてチェック。 さすがにスタンド席の流れ作業と行列とは違うのね。
・2重3重のチケットチェックでアリーナに降り立つ。
  会場の入口と、会場の中。そしてアリーナ外とアリーナの中。
  緑のシートがふかふかしていた。(どうでもいい) 地球君が少なく感じた。(アリーナだから?)
・天井が低くとても狭い。
  初東京ドーム。空気天井のせい? 圧迫感があってとても狭い小さい〜
  いやいや、これはアリーナに降り立ったから(嬉)感じたことなのかしらん?
・パイプ椅子、花道前から8列目。
  ぎっしりと並べられたパイプ椅子。背もたれに番号。アリーナA5。
  ち 近い…。
・間近で見てもステージが小さく、セットもとてもシンプルだ。
  福岡スタンドからも感じたけれど。これはお客さんを沢山入れるためのセットなのかしらん?
  ステージは大きく、花道も長く、が希望としてはあるのだけれど…。
  SMAPちゃんがあまり動き回れないとか? 年のせいか?(爆)
・花道準備スタッフのお兄さんの顔が良く見える…。
  どうしよう。肉眼で見えるんですけど…。 普通に見えるんですけど…。
・地球君との撮影はOKですが、その他はダメです!消してください!との声が聞こえた。
   (呆)
・スタンド席にいる方々の顔が見えた!
  中居ちゃんの言うことは本当だったよ!
  中居ちゃんはよく「顔も見えるし、声だって聞こえるよ。」と言っていた。
  スタンド席にいると、そこから見えるはずないよ〜って思っていた。
  けどね、本当に見えるの! 表情とか、手作りのウチワとか、バッチリ見えるの〜(喜)
  これはとても嬉しい発見でした〜 スタンド席も悪くないって思った。
  そして、来年からはウチワ手作りしよう!って決めました。 本当に良く見える!
・ステージからピカーっと光線が出まくっていた。
  これがオーラというものですかね。SMAP恐るべし。
・声の音の跳ね返りがすごかった。
  本当ですね。東京ドーム音響最悪。アリーナにいるとモロに感じた。
  メンバーの挨拶、何を言っているのか全くわからず…。
  バラードは声反響で二重に聞こえるし。ちょっと残念。
・チビッ子は厚底の靴を履かないと無理だ。
  前から8列目と素晴らしいお席なのに、154cmのワタシはメインステージが見えず、思いっきり埋もれておりました…。
  円卓が上がれば何とかSMAPちゃんを確認。デベソはキツイ…。
  3時間45分、必死に背伸び!
  後ろのお席の人から「背伸びしてまで観たいかね(冷笑)」と言う声が…。
  観たいに決まってんだろっっ(怒)  
  腹立ったのでこれも書いとこう。
  この方たちは始まる前「○○(分厚い週間漫画本)を持ってくれば良かった〜」と本気で言っておりました。
  それを聞いて、とりあえずお顔を確認。30代後半40代でしょうか。女性二人組。
  見事な大人です。
  見事に非常識です。
  こんな人が本当にいるのです。本当に持って来ていたら注意したり、スタッフさんへ報告してましたけど。
  いい大人が恥ずかしいったら。せっかくの楽しい気分が落ちるってんだ! 
  バーカッ
  と、毒吐いておきます☆
・見上げるステージ。
  今までは見下ろして観ていたステージ。SMAPちゃん。
  こんなに間近だと、首が痛くなるんだってことを初めて知ったよ!
・肉眼だけで3時間45分を過ごした。
  小さな空間だけじゃなく、観辛くても全体を観れる素晴らしさ!
  どんな振りで、どんな動きで、どんなフォーメーションとか。
  1曲で結構くるくる移動していてビックリした。 そりゃ途中途中サボるわな(笑)
・年齢層が高くて(自分もですが…汗)本当に驚いた。
  高校生とか、全く見なかった気がする…。女の子ちゃんはいずこ…?
  20周年バンザイ(笑)
・吾郎サンのダンスは間近で見ると楽しい愛おしい。
  赤いひらひら衣装。カッコイイのだよ!
  ダンサーふたりを引き連れて花道で踊る吾郎サン!
  だけど後ろ体重なの〜(爆) 吾郎サン「惜しいっ」て思わず言っちゃった。
  かわいすぎて撃沈ですぅ
・ザ・木村拓哉を目の当たりにした。
  この人の魅せ方は天才的だと思う。
  だって惹かれるもの。見ちゃう追っかけちゃうもの!見逃したくないの!
  こりゃ見つめられたら腰砕け間違いないわ〜
  福岡で感じた肉厚っぷりも気にならなかった。 ただ、髪切れ〜(短髪好き)
・帽子がっ帽子がっっ
  ないーっっ
  うぎゃあ(叫) あぁんもぅラッキーだぁ 良かったぁ良かったよぅ
  遠くても中居ちゃんの顔がバッチリ見えるぅ 
・剛がとても細かった。
  草生活をしていたから? ひとまわりきゅって小っちゃくなった感じ。
  ただ肩の辺り二の腕の筋肉とか〜体が締まっているから貧相な感じがしないの〜
  何故かとっても色黒だしね(笑) 凛々しい〜剛 凛々しい〜
・動悸と鳥肌。
  とにかくドキドキ。ドクドクが正しい? 心臓バクバクしちゃって息苦しくって
  花道に来るたび鳥肌がバーって出て、踊ってる姿見ては、ぞわぞわ〜って。
  迫力が半端ないですSMAP
・5人はキラッキラぴかぴかしていた。
  これって何なの? すごいオーラ?なんですけど! キラッキラ眩しいんですけどSMAPって!
・ひとりでもきらっきらピカピカしていた!
  っていうか、ひとりひとりがスゴイんですけどーっ!!
・木村ちゃんと慎吾、吾郎と何度も眼が合った!
  言わせてください(笑) 
  彼らの顔が自分の方に向いたら、そう思おうよ!ワタシを見た!と。楽しいよ〜
  で、よくよく見ていると、結構ピンポイントで攻めるのね木村ちゃんと吾郎サンは。
  かわい子ちゃんを発見したら、集中的にガン見すると言う話は本当らしい(笑)
  慎吾は、いいとも1列目、目の前で見たことあるので、感動よりも親近感。かわいいねぇ
・中居ちゃんが真上を通った。
  福岡では縁がなかったリフターが、今回3塁側に乗ってくれてテンション↑
  相変わらず目線はスタンド重視。
  アリーナには目もくれず、あっという間に通り過ぎ、きちんと顔を拝めなかったけど〜
  人生初接近! 顎辺りはじっーくり見たよ! 顔小さかったよ! 中居正広だったよ!
  どえらいかわいかった〜〜(感涙)
・動悸と鳥肌。
  興奮しすぎて息切れるわ…。
・慎吾は歌が上手だ。
  のびのびと歌っていて〜耳心地がとても良いのね。
  シンツヨの件が福岡よりも短くなってあっという間にピアノ、歌い始めてビックリした。
  もっとごちゃごちゃすればいいのに…。
・衣装がちょこちょこ変わっていた。
  トレンチコートの長さとか?オレンジのスーツとか?股引のようなパンツとか?(記憶曖昧)
・トロッコ中居は両手で、スタンドにぶんぶん手を振っていた。ぶんぶん。
  だって中居ちゃんには見えているんだもんっ スタンドの表情が!
  ぶんぶん手を振る姿を後ろから見て、なんだかとても嬉しかった〜 感動すら覚える。
  そして今回もバクステは踊る踊る逃げる逃げる(笑)
  さらにダンサーさんとの絡みが増えていて、ダンサーさんと仲良し。いろんな件があったのね。
  残念だけどバクステはスクリーンでチェック。 この件、間近で見たらかわいいだろうなぁ
・やっぱり木村ちゃん率が高かった。
  ここでも木村ちゃんを凝視した。 綺麗なお顔に雰囲気たっぷり…ただ髪を切れっ(短髪好き)
・中居ちゃんはなんども指をさし、タオルを投げていた。
  花道脇。なんどもなんども「この子だよ」って。
  ワタシのお席から渡した子は確認出来ませんでしたが、きっとまたお子様だろうな。
  投げた後も「この子に」って。なんども確認するから歌いだし遅れて照れていた。
  ……好きっ!!
・銀テープを初めて浴びた。
  パーンって銀色のテープが飛び出してきて、周りは思いっきりかき集めていた。
  その勢いに圧倒されまして。 お隣の小学生男児には頭を小突かれる始末。
  みんなスゴイ…。
  もちろん銀テープはワタシの手にはなく、一緒に行ったスマ友さんが「思い出にどうぞ」と1本くれました(笑)
  ちゃんと持って帰って、我が家に置いています(爆)
  風船も1個くらい欲しかったな…。
・名物の強風に煽られ外へ出た。
  スマ友さんが、せっかくだからと強風出口へ。
  台風並みの強風に、警備員さん4人がかりでキャッチしてくれました。
  確かに、ありゃ名物になるね。
・満員電車、人の波、喉の渇き、高揚感。
  スマ友さんと電車の中でお別れし、ひとりホテル近くの駅に降り立った。
・駅の出口を間違えた。
  駅に降り立ち、田舎の子は何も考えず歩いて改札を通った。
  どうやら出口を間違ったらしく見知らぬ風景。
  そうだ、駅にはいろんな出口があるんだよ。
  とりあえず反対方向にてれてれ歩いていたら交番を発見。
  お巡りさんにホテルまでの帰る道程を聞き、スポーツドリンクをがぶがふ飲みなが帰った。
・テレビをつけたら慎吾がいた!
  テレビをつけたら「LOVE」笑顔の慎吾に笑った。
  今さっきまで一緒だったのにね。慎吾ちょっとお疲れの顔。コンビニスィーツ特集(爆)
  とても笑顔、ライブ話をしたくて堪らない大下サンがとてもかわいらしかった〜
  テレビの音声を小さくして(自宅で録画してるからね)、中居ちゃんのラジオを聴いた。
  これまたついさっきまで目の前にいた中居ちゃん。
  ぼそぼそとライブについて喋る中居ちゃんになんだかドキドキした。
  東京で。 ひとりホテルで。 慎吾を見ながら。 とても不思議な感覚に陥った。


  ラジオを聴き終わって、ボケーっとしながら、SMAPのファンで本当に良かったな〜と心底思った夜でした。


興奮のあまり眠れないだろうと睡眠薬を飲んで寝ましたけど、朝6時には目覚めましたからね!
3時間くらいしか寝てねぇ!


そして、ライブが終わってしまった(ワタシの中でね)寂しさよりも
一度終わったはずのライブに、もぅ一度参加することが出来、またまたSMAPに会えて
とてもとても有難く、本っ当に満喫したので。寂しさよりも満足感でいっぱいでした!


翌日はSMAPちゃんにとっても連続初の5日目。オーラス。
中居ちゃんの言葉を、いつかこの耳で聞いてみたいものです。
さぁお仕事頑張ろう! 
また次回、SMAPちゃんに会うために頑張ろう!!
嬉しさ倍増させるために頑張ろうっ
あとはDVDだわね!
今年もX’masプレゼントでしょうか〜(商売上手)
オーラスオープニングの帽子ナシあるんでしょうねー!
じっくり観なくちゃ〜 
楽しみだ〜


今年もすばらしいライブをありがとう! また来年!(もちろん!)
来年は森くんもステージに上がっちゃえばいい!


2日後、ふくらはぎに激痛が。
壁にもたれないと歩けないほどの筋肉痛…。 
3時間45分の背伸びがヤバかったらしい…。
    ◆
また巻きこまれてしまった…。
安全、みんなの安全が第一。
楽しむためのものが、危険にさらされるのは違う。 誰もが望んでいないこと。
いろんな思いがあるけれど、「中止」ではなく「延期」と発表したことも意味があるのだろう。
とてもとても複雑です。 
早く、
SMAPちゃんが楽しくなれたらいいなぁ
SMAPちゃんで楽しくなれるといいなぁ